画質の良さが重要

監視テレビ監視カメラの機能性を選ぶポイントの二つ目は、画質の良さです。画質が鮮明でクリアなカメラほど、いざという時に役に立ってくれますので、機能性を見る際には、画質もチェックして選んでみて下さい。商品によっても異なりますが、監視カメラの映像の画質は、基本的に荒いタイプが多いでしょう。長時間録画出来るタイプほど、画質が荒い傾向があるようです。有る程度の荒さであれば問題ありませんが、モザイクのようにほとんど見えないとなると話は別。せっかくの監視カメラが役に立たなくなってしまいますので、画質チェックを忘れないようにしましょう。

また、動画部分が作動しているかどうかも大切なポイントです。あまりにも細切れで撮影をするタイプのカメラは、決定的瞬間を録り逃してしまう事もあります。一番欲しいタイミングで動画が切れているとなっては台無しですので、可能であれば、実際の録画動画をチェックしてから、カメラの購入を行うようにしましょう。このように、監視カメラによって、画質の良さや動画の質は全く異なります。こちらも商品によってお値段が大きく異なりますので、それぞれの質がどの程度の物なのかを比較した上で、商品選びをすることが大切です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket